視力回復 長崎 近視

日本視力回復センター
03
095-822-4646
日本視力回復センター
日本視力回復センター HOME > 資格所得と視力について
  • 長崎の日本視力回復センター
  • 初めての方へ
  • 回復成功事例
  • よくあるご質問

資格取得と視力について

視力が低いため希望する職業に就けず、夢をあきらめることは本人にとって大変辛いことだと思います。 私たちは、このような方々のご相談を数多く受けて参りました。 視力回復トレーニングをお勧めすると、皆さん真剣に取り組まれ、必要な視力を取り戻された方も多くいらっしゃいます。 初期の目的を達成された方の喜びは大変大きいものです。 私たちも、そのような声を全国の視力回復センターで数多くお聞きすることができました。私どももその喜びを共有でき本当にうれしく思っております。

定められた視力が必要な職業

仕事の中には、一定の視力基準を満たさなければならないものがあります。パイロット、自衛隊など様々です。希望する職業があっても、視力が低いために断念せざるをえない方は少なくありません。
職種 適正基準
防衛大 0.2以上
商船大(航海科)
0.6以上
競艇選手 0.8以上
騎手 0.8以上
オートレース 0.6以上
警察官
0.6以上
自衛隊
0.6以上
パイロット
0.7以上

スポーツと視力

メガネの使用が禁止または危険とされているスポーツがいろいろあります。また、視力が低下しますと動体視力(動いているものをみる視力)も著しく低下します。ほとんどのスポーツは相手も自分も激しく動きますので、大きなハンディキャップとなります。自分の能力を最大限に生かすには、視力の持つ意味は大変大きいものだと言えます。
PAGETOP