視力回復 長崎 老眼予防

日本視力回復センター
06
095-822-4646
日本視力回復センター
  • 長崎の日本視力回復センター
  • 初めての方へ
  • 回復成功事例
  • よくあるご質問

よくあるご質問

こちらでは日本視力回復センターにお寄せいただくよくあるご質問をご紹介しています。
このほかにご質問や疑問点がございましたら、お気軽に「日本視力回復センター」までお問い合わせください。

 


子どもさんに関する質問

遠視、弱視の視力回復は?
特に幼児(3〜5歳)の遠視、弱視にも短期ですばらしい視力回復の効果をあげており、たくさんの親御さんに喜ばれています。
しかし、特に遠視の場合は見る力が弱いため1日も早くトレーニングに取り組む必要があります。
早期発見、早期回復が大切です。
PAGETOP
子供が発する近視のサインはどんなのですか?
視力低下で遠くの物が見えにくくなると目を細めたり、顔をしかめたり顔を斜めにしたりするクセがついてきます。
そうなるとかなり進行しているといえます。
このような視力はもう0.1前後ぐらいと思われます。
きちんと視力をセンターで再度測定してください。
PAGETOP
遺伝によるものでも回復しますか?
遺伝による視力の低下は全体の5%未満と言われており、ほとんどの人が環境による後天的なものと思われます。
現在の医学ではこの人は遺伝でこの人は遺伝では無いと言うはっきりとした区別は、まだできていないようです。
ご家族に近視の方がいるからといってあきらめないで、ぜひご相談ください。 
PAGETOP
メガネは目にいいの?
「近視はメガネをかければ良いのでは」という受け止め方をされる方もおられますが、それでよいのでしょうか?
メガネを常用しますと、「近視はどんどん進行し、何度メガネを作ってもすぐに見えづらくなり、そのたびに度数を強くしなければならなくなった」。
このような経験をお持ちの方はたくさんいらっしゃると思います。これは、自分の目で見る機能が、メガネの補助を受けることにより衰えてゆくからです。
普通メガネの度数は、遠くをはっきり見るために合わせて作ります。ところがそのメガネをかけたまま、近く(メガネを使わなくても見える距離)を見ると過度に補強していることになります。そして、メガネに慣らされてしまった目は、より強力な補助を必要とし、近視がどんどん進行していくという悪循環になってしまいます。
特に小さなお子様は成長期ですから6ヶ月から1年間でメガネを取り替えていくのが通常のようです。
当センターでは、トレーニングにより、メガネをはずせるようになった方も多数いらっしゃいます。
PAGETOP

成人の方に関する質問

近視歴の短い人は、大人でも回復は早いのでしょうか?
はい!!
大人の方も大丈夫です。
メガネをはずしたり、資格を取るのに視力が必要でトレーニングに取り組まれている方もたくさんいらっしゃいます。
(警察官、自衛隊、競艇選手など)
近視歴の短い方であれば、特に早期回復が期待できると思います。
PAGETOP
老眼について?
視力回復トレーニングは、1回約12分間の大変簡単なものです。この視力回復トレーニングは、3歳以上の方であれば簡単に取り組んでいただけます。近視、遠視、乱視性等によって各種トレーニングは違ってきますが、メガネを外せるようになった方、メガネと言われてトレーニングを始めた方も日常生活や黒板の字も見えるようになったと喜ばれております。
センターでも親身になって指導いたしますので安心です。
PAGETOP

トレーニングに関する質問

視力回復トレーニングは難しいのですか?
視力回復トレーニングは、1回約12分間の大変簡単なものです。この視力回復トレーニングは、3歳以上の方であれば簡単に取り組んでいただけます。近視、遠視、乱視性等によって各種トレーニングは違ってきますが、メガネを外せるようになった方、メガネと言われてトレーニングを始めた方も日常生活や黒板の字も見えるようになったと喜ばれております。
センターでも親身になって指導いたしますので安心です。
PAGETOP
視力回復センターに毎日通わないといけないのですか?
ご自宅でのトレーニングコースを選ばれた場合、毎日通う必要はありません。視力回復トレーニングは、ご自宅でご都合の良い時に行って下さい。そして、1ヶ月に1〜2回程度、視力回復トレーニング状況の確認と視力回復度のチェックをするためセンターに来ていただきます。その際に視力回復に一番重要な視力回復度に即したアドバイス・指導を直接させていただきます。
目は一生使う大切なものですから、根気強く続けて一日も早く回復しましょう。
特にお子様の場合は、ご家庭の暖かいご協力も必要です。
センターでも、親身になってお世話致しますので、視力回復の目標に向かって一歩一歩頑張りましょう。
PAGETOP
視力回復トレーニングに副作用はないのですか?
視力回復トレーニングは、別の項でも説明した通り凝視訓練により毛様筋の活性化を図るものです。
リハビリのようなものですので直接目を触ったりも致しませんので副作用の心配は全くございません。
PAGETOP
どれぐらい視力回復するのですか?
視力回復には個人差がありますので、調べてみないとその人の視力や、近視歴等によって違います。
センターで調べて見ますので一度視力を見せてください。
PAGETOP
視力回復トレーニングはどれぐらいの費用がかかりますか?
入会の前に視力測定、カウンセリング等を受けていただいて、視力回復が可能かどうか、可能であれば視力回復にかかる期間や、トレーニングコースの違いによりそれぞれ費用が違いますので、 まずは視力を見せて頂いてからになります。一例としては、1ヶ月7,000円ぐらいのコースからあります。
遠方の方は自宅でのトレーニング器具の代金が必要になります。
PAGETOP

資格に関する質問

定められた視力が必要な職業はどんなものがありますか?
仕事の中には、一定の視力基準を満たさなければならないものがあります。
パイロット、自衛隊など様々です。
希望する職業があっても、視力が低いために断念せざるをえない方は少なくありません。
職種 適正基準
防衛大 0.2以上
商船大(航海科)
0.6以上
競艇選手 0.8以上
騎手 0.8以上
オートレース 0.6以上
警察官 0.6以上
自衛隊 0.6以上
パイロット
0.7以上
PAGETOP